Copyright 2018 JIBITA.All Rights Reserved. サイト内の文章、画像などの著作物はJIBITAに属します。無断転載を禁止します。

打田 翠 (陶芸)

手捻りと磨きによるボディー作りを徹底的に行った後に彼女が託すのは、炭化焼成による火の神による予想できない彩色である。その偶然性はときに人為では到達しえない美しさをまとう。そこにこそ、絵画にはない陶芸による表現の意味を彼女は感じているのだろう。

Midori Uchida (Pottery)

By a way of body making with hand twisting and polishing, she entrusts the unexpected coloring by “the fire god” by carbonization and firing.

The coincidence occasionally creates beauty that can’t be created by human hands. That is the way she feels the meaning of ceramic expression not found in paintings.