• Nobuchika Kumagai

時澤真美 「虹斫 リングレスト」レビュー

こんにちは、のぶちかです!

本日も2019年7月13日からJIBITAでの初個展を行う時澤真美さんの作品をレビューします。

時澤真美 略歴

1978 京都府生まれ 1997 京都市立銅駝美術工芸高校 卒業 2004 愛知教育大学造形文化コースガラス専攻 卒業 2006 富山ガラス造形研究所造形科 卒業 2006 富山ガラス造形研究所 助手勤務(~2009) 2009 富山ガラス工房 所属(~2013)

2005 現代ガラス大賞展(富山)入選 2006 美の祭典越中アートフェスタ2006 佳作(富山) 2007 Young Glass 2007(デンマーク)入選 2008 日本クラフト展(東京)奨励賞 2009 日本クラフト展(東京)入選    KOGANEZAKI・器のかたち・現代ガラス展 入選    工芸都市高岡クラフトコンペティション 入選

作品レビュー

作品名

「虹斫(にじはつり)リングレスト」

スペック

サイズ 69×71×14㎜ 重量 101g 価格 5,000円税別(2019年7月8日現在)

制作手順

①熱したクリアのガラス玉に、並べておいた虹色各色の色ガラスを巻きつけて吹き、カップ状に。

②カップ状のガラスにクリアガラスを流し込み、更にその上からクリアガラスを巻き、棒状に。

③作るアイテムごとに太さを変える為、伸ばして調整。

④冷ましてスライスし、研磨。

⑤ (ここからは資料外) 側面を縦に削り、面を出す。

⑥リングを乗せる部分を凹状に削りくぼみをつける。

⑦削り出した面はそのままだと摺りガラス状に曇っている為、再度加熱(ファイヤーポリッシュ)してクリアにする。

⑧仕上げに底部裏面に残るポンテ跡(吹き竿を外した跡)を研磨。

使用感

「美しさ」: 非常に美しい。

「サイズ感」:小さめ。

「表情」:置く場所により多様に変化。

用途

◆◎「リングスト」 ◆〇「オブジェ」 ◆〇~△「ペーパーウェイト」:100g程度と軽量の為、冊子のページを押さえたり、風のあるところでの使用には不向き。

美しいリングレストがあると、大事なリングをしまい込まずに眺めていられる幸せがあります。

そして実はその風景から得られる幸せは、リングのもらい主だけが感じるものではなく、リングの贈り主も感じられるのです。

「大事にしている」

「大事にされている」

そんな事を自分にも相手にもさりげなく表現できるアイテムが、このリングレストなのです。

時澤さんの作品にリングが置かれた画を見ると、リングレストが持つそんな力をより感じてしまうので不思議です。

「時澤真美 ガラス展」

会期 2019年7月13日~21日 11:00~18:00(会期中は休まず営業します) 会場 JIBITA 作家在廊日 7月13日、14日

24回の閲覧

Copyright 2018 JIBITA.All Rights Reserved. サイト内の文章、画像などの著作物はJIBITAに属します。無断転載を禁止します。

​〒758-0024 山口県萩市東浜崎町138-6   info@jibita.com

​萩焼 陶芸 工芸